Posted by Tazkiller85 | May 01, 2019 @ 05:02 AM | 986 Views
Yep Les Amis,
XIAOMI frappe Fort cette année ! Je l'attendais depuis un moment mais la découverte n' en a été que plus agréable . Quelle évolution ! Pour le prix d'un Hubsan H501S Pro, le FIMI A3 multiplie les possibilités les performances et la précision ! Un pilotage intuitif, souple et réactif, couplé à des modes de vol ultra précis, font de lui un appareil rassurant et plaisant dès le décollage ... Il faudra par contre absolument se fabriquer ou trouver un pare soleil pour l'écran si on veut profiter pleinement de son retour d'image . Mis à part ce petit défaut de conception, le FIMI A3 (à 223.36€) n'a pour l'instant aucun concurrent sérieux sur le marché, oui, je le classe sans hésiter dans la catégorie"MUST HAVE" !!! En bref, le seul qui pourra le détrôner sera certainement le FIMI X8 SE, mais la gamme de prix n'est pas la même et l'écran n'est pas fourni . Bon Film et Bon Vol à Tous .


FIMI A3 Xiaomi - Review Test Démo - Encore un MUST HAVE de la marque ! (50 min 41 sec)


NOTATAZ : 18/20 QUEL PLAISIR !!!

Niveau : Débutants et Confirmés
Les + : Précis, Réactif et souple, Fiable, Belle finitions, Nombreux modes de vol, Accessoires pas chers, etc ...
Les - : L'écran de la radio peu lumineux au soleil, Chargeur fourni pas HV, Images un peu palotes si on ne change pas les réglages ...

Les produits présentés sont visibles ici (en cliquant sur ces liens vous soutenez ma chaîne) Merci à vous :

- FIMI A3 à 223.36€ COUPON...Continue Reading
Posted by Jack Crossfire | May 01, 2019 @ 12:59 AM | 1,426 Views
Ironically, an average game written for the Commodore 64 today would actually be more popular than a mobile app, just because a lot less games are written for it & because there's a lot of interest in retro computing. Wanted to make a Robotech game for the C64.


While the failure was attributed to lack of focus & development tools, what the lion kingdom wanted was really too ambitious for the hardware. A full recreation of the TV universe, with a fully functional veritech fighter that could fly anywhere in the TV show was not possible. Lions even wanted the player to drop into a different screen in battleloid mode, like the TV show.


What was possible was a recreation of single locations in the TV universe, with the veritech in just 1 of its 3 modes at a time, & a single opponent. A complete level could be the 1st encounter with an alien in battleloid mode. The emphasis could be replicating the visuals & the animation style of the TV show, but not gameplay.


Today, there are much better Robotech games, but none recreate what really made the show work: the love story & the animation style.
Posted by Pierre_de’ Loop | Apr 30, 2019 @ 09:06 PM | 1,294 Views
Six months from start to finish; a Balsa USA Taube 40 completed with Sig Koverall and Brodak dope, and powered by a new OS 35.

Now if the wind would calm down...
Posted by Reckless_fpv | Apr 30, 2019 @ 07:03 PM | 1,281 Views
Posted by old4570 | Apr 30, 2019 @ 06:32 PM | 1,446 Views
1.5 DLG

I got myself one of those Chinese 1.5 meter DLG gliders some time ago .
It has been sitting in a box , and with the Libertur*s wanting to criminalise RC in the near future
I thought it time to put it together and fly it , before it become illegal to do so .

If only those retards in Canberra would do something intelligent and increase the Banned Weight to 500 grams .. ( Maybe too much to expect unreasonable people to be reasonable )

Anyhow , plan is to get it up and DLGing ASAP ..

UMX WHIPIT in OZ

It is available again ! Just dropped $99.99 ozzi bananas on a Stock Whip !

Plan is to compare the Stock Whip to my modified Whip . ( Modified through necessity and repairs )
After almost a year playing with a UMX Whipit , I am itching to play with a Stock Whip .


Mini Surfer 800
Battery is charged , and the weather is turning again ( I guess winter might come after all ) .
So I am really itching for round two .
With hind sight , and a much clearer plan of action one hopes not to balls it again !


WL Toys DLG (?)
Please WL , we need more well priced ( Legal ) DLG gliders . ( Well - Legal in Oz )
The wizards are acting more and more like Cut Snakes .
So is it late 2019 or early 2020 , RC becomes criminalised on Oz and everything over 250g might be a federal offence .
Just got to love those Cut Snakes .

Oh , there is a Federal Election Sat 18th Of May !
Will you vote for the folks that want to destroy model flying in Australia ?
I guess since Gay's can no longer be discriminated against , a certain political party might be looking for another minority group to kick around .
Smell the coffee guys , smell the coffee ...
Posted by VicT | Apr 30, 2019 @ 04:57 PM | 1,584 Views
Fellow clubmember Cliff started flying an Apprentice and then a Commander. He asked me if I could reduce the pitch up of the Apprentice at full power to a lower climb angle like his Commander. I showed him Flight Modes that could be used with his DX6 but he was unsure of that route. So I suggested reducing the decalage angle by shimming the trailing edge of the wing. I had some hard 3/32 inch thick balsa so started with one, then two and finally 3 layers of wood. The end result was a 5 degree climbout angle at full power with SAFE on (Beginner Mode). With full up elevator she climbed at about 80 degrees. Happy with 9/32 of shim we filled in the gap with a single piece of 3/32 and white electrical tape.
Posted by scousethief | Apr 30, 2019 @ 03:15 PM | 2,576 Views
Posted by rinoki71 | Apr 30, 2019 @ 02:12 PM | 1,368 Views
Quick unboxing/overview of the new GoFly Scorpion 80 brushless 2s whoop. Flight review to follow soon!

Spedix Rex/GoFly Scorpion 80 brushless 2s Whoop Overview (10 min 53 sec)

Posted by RickC_RCAV8R | Apr 30, 2019 @ 12:35 PM | 1,731 Views
Gentlemen :

Those of us who use 3D printers for making model parts know that most of the plastic filaments we use pick up moisture from the air . (Agroscopic) Filament manufacturers go to great lengths in their packaging to combat this with the inclusion of a small bag of dessicant and vacuum sealing .

One of my mates was throwing out a small wine cooler fridge as it had a busted door bracket and would not seal properly . I rescued this unit from going off to the landfill and quickly repaired it . Plugged the cooler / fridge into the mains to see that it worked . This cooler uses a solid state PELTIER juction module as its cooling element and has a heatsink and fan to aid the heat transfer process . Knowing that the Peltier junction can transfer heat form its surfaces in either direction by reversing its power connection polarity , immediately suggested an obvious mod to make it either cool or heat the interior . A simple DPST relay of a 12 volt DC coil voltage was chosen for this quick mod . The relay was wired up using 2 sets of contacts and was placed into the circuit where the main power supply feeds the Peltier element . A toggle switch is used to energize this relay for the heating mode . I tested the cooler's operation with this mod in both modes to find that the interior temp reached over 40 degrees C after only an hour in the heating mode .

An overtemp safety problem occured to me which should be addressed . Not wanting to fool around with the existing...Continue Reading
Posted by lepiere | Apr 30, 2019 @ 03:10 AM | 1,771 Views
JJRC X7 SMART Drone - CHECK HERE Before Buying This Drone (6 min 27 sec)


JJRC X7 SMART drone also know as C-Fly Smart drone is an entry level drone with camera and gps: mine JJRC X7 drone is actually broken and I'm waiting for spare part coming from China.

I found that gyroscope connector got broken from this video, also useful to who want to make some JJRC X7 SMART mods:
What's INSIDE the JJRC X7 SMART Drone (6 min 21 sec)
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 29, 2019 @ 11:14 PM | 1,749 Views
童友社の1/150 Uボートは12月の動画以来触ってませんでしたが、浮力の再調整をすることにしました。
Name: MVI_2501.MP4_20180326_114825.jpg
Views: 0
Size: 186.4 KB
Description:
水中で深度を保つにはバラスト水の量の調節がピンポイントなので、動画中何度か底付きしてます 。
1/150 U-boat static dive RC submarine (5 min 9 sec)


バラストタンクは30㏄のシリンジで、サスペンドする水量が18㏄くらいに設定してました。
船体の動きを見て注水排水をおこなうのですが、浮沈のスピードは加速するのでそれを予測して
逆に注排水を一瞬だけおこなうという、非常に操縦し甲斐があるのですが、(苦笑)
カメラを操る棒を片手に持っていては、至難の業です。

ニチモ 呂500の浮力バランスをどうするか考えていた時に思いついたので、いじくってみました。

シリンジのタンクは30㏄で満水になるようにしていて、ポテンショメータの作動するストローク で
あと1㏄くらい余分に注水できて自動で止まる。
注水を止めればその1㏄くらいを自動で排水してくれる。

1㏄もあれば浮沈コントロールができるので、30㏄のフルバラスト時にサスペンドする浮力にして おけば
浮沈コントロールが楽になるはず。
注水して潜っていてもスティックをセンターに戻せばサスペンドするように自動排水してくれるわ けです。

サスペンドする水量に自動で止まるので、少し離れて船体が見えにくくても動きを予測できるので
操縦しやすくなるのと、排水する量が増えるので、全ブローした時にデッキがすべて水上に出て
見栄えが良い。
実際はサスペンドより若干重くなりましたが、水のコンディションで浮力が違うだろうからこれで よし。
1/150 U boat VIIc Readjust ballast 潜水艦プラモ (2 min 11 sec)

池で操縦してみましたが、対流などの水流でも影響されるので潜りにくかったりもするが、
とりあえずこれで完了。
1/150 U-boat VIIc late afternoon cruise (4 min 13 sec)

Posted by wattechighland | Apr 29, 2019 @ 10:58 PM | 1,726 Views
デッキ上の錘は役に立たなかったので撤去し、船底の錘を元に戻した。(若干少なくして
水中での姿勢のバランスを取る)
Name: 02DSC_0574.jpg
Views: 3
Size: 103.8 KB
Description:

次にキール外側に錘を仮留めして、浮上静止状態からの潜航ができるかテスト。
8g程度を浮心下に取り付けると、司令塔周りのデッキは水がヒタヒタに浸かるものの
前後デッキは水が切れた状態となり、30㏄のフルバラスト時にギリギリ表面張力を破り、
潜航(というより沈没)させることが出来た。
サスペンド時のバラスト水は18㏄。

前に作った板鉛の残りを切り取り、キール側面に両面テープで貼り付け、塗装。
Name: 03-1.jpg
Views: 5
Size: 106.6 KB
Description:
1/150 U-boat PUMP BALLAST test 2 潜水艦プラモ (2 min 34 sec)

水中Pでデッキ上に水を溢れさせて表面張力を破る案もあるが、今回はこの辺で完成とする。
池で撮影してきた。
波と風があったので、水面からの潜航と浮上のシーンは撮れず。水中動画のみ撮ってきた。
Name: 01MVI_2389.MP4_20171217_164702.jpg
Views: 5
Size: 297.5 KB
Description:
Name: 1-150 U-boat static dive RC submarine.mp4_20171218_200443.566.jpg
Views: 5
Size: 149.5 KB
Description:
Name: 1-150 U-boat static dive RC submarine.mp4_20171218_201248.782.jpg
Views: 4
Size: 278.7 KB
Description:
1/150 U-boat static dive RC submarine (5 min 9 sec)

前回撮影した時もですが、最近池が濁っているのでクリアには撮れません。
また来年、水が澄んだら撮影してみよう。
Posted by wattechighland | Apr 29, 2019 @ 10:47 PM | 1,724 Views
Name: 10MVI_2375.MP4_20171213_140730.jpg
Views: 13
Size: 192.9 KB
Description:
船底のバラストを少し除去してみると、サスペンドでバラスト水26㏄。
何の変化もなし。
Name: 01IMG_2357.jpg
Views: 17
Size: 88.6 KB
Description:
デッキより上に重量があれば表面張力を破るためのバラスト水の変化量を増やせるかと考え、
5.8gを司令塔の上に載せてみる。
変化なし。
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 29, 2019 @ 10:38 PM | 1,669 Views
前々回、デッキに8gの錘2個を載せていましたが不要でした。
前後デッキやら手摺り以外の艤装やらアンテナ線やらを取り付けて少し重くなった今回の
テストですが、キールの外側に取り付ける錘17gくらいを追加したら、後部デッキが水没状態。
水面上には10g強が浮いてる状況で、バラスト水は30g注水できるということは、追加錘は
要らないですね。
Name: 01MVI_2346.MP4_20171204_124543.jpg
Views: 0
Size: 66.4 KB
Description:
但し、フルバラスト注水してもデッキの表面張力で潜航できず。指でチョンと押してやると
速いスピードで沈んでいくんですが。
ポンプバラストで童友社 1/150 U-boat テスト中 潜水艦プラモ (3 min 32 sec)

潜舵ダウンで前進すれば潜航できますが、表面張力対策が必要です。
塗装してから親水コートしてみるかも。

サスペンド状態でバラスト水は23㏄、塗装などで少し重くなるし、船底の錘は少し減らす予定。
Name: 02IMG_2354.jpg
Views: 0
Size: 194.3 KB
Description:
Name: 03IMG_2355.jpg
Views: 0
Size: 84.2 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 29, 2019 @ 10:35 PM | 1,619 Views
前々回はチェックバルブからモーター室に浸水してましたが、撤去してフタをしておいたので
モーター室はドライでした。
今度は潜舵サーボ室が派手に浸水してました。
潜水艦内を負圧管理するので、次に弱いところから浸水したようです。潜舵のリンケージパイプは
ラダーのより短いので。
浸水により潜舵サーボが壊れた。

シリコンチューブをリンケージパイプに被せて、先端はスーパーXを入れた上から糸で縛り、
内側と外側を物理的に分断した。ロッドの摺動分はシリコンチューブの伸縮で対応する。
Name: 01IMG_2337.jpg
Views: 0
Size: 76.0 KB
Description:
ラダーリンケージも同様に処理。
Name: 02IMG_2338.jpg
Views: 0
Size: 100.2 KB
Description:
潜舵ーサーボは予備が無いのでまだ交換してないが、浸水テスト実施。
30㏄の空気を船外に排出して潜水艦内を負圧にした状態で10分間放置。
Name: 03IMG_2344.jpg
Views: 0
Size: 74.4 KB
Description:
Name: 04IMG_2341.jpg
Views: 0
Size: 61.2 KB
Description:
Name: 05IMG_2343.jpg
Views: 0
Size: 52.5 KB
Description:
とりあえず今回のテストでは浸水は無し。

あと弱いところは、スタンチューブとハッチのパッキンですが、恐らく次はスタンチューブでしょ う。
モーターを回したり止めたりで30分程度持てばいいのですが、これは次の機会に。

ちなみにスタンチューブ後端にはスーパーxでシールを形成してます。ダイナミックダイブのuボ ートと
イ401でも実施していて、漏れは無くなってます。
Name: 06IMG_2519.jpg
Views: 0
Size: 82.9 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 29, 2019 @ 10:30 PM | 1,609 Views
まず上部ハルと下部の前後ハルを接着したが、この時失敗した。
ゴム紐でぐるぐる巻きにして養生するのですが、スイッチのジャンパーピンを曲げてしまった。
その後センターデッキを貼り付け。
ジャンパーピンの曲がりを修正したら折れてしまいました。

分解して交換決定! 
とりあえずは接着剤の弾力で接触しているので、このままテストします。
不具合が出たら同時に修正できるから。

前後デッキと司令塔は輪ゴムで仮留めです。
水槽に浮かべたら、喫水線が低すぎです。
Name: 01IMG_2313.jpg
Views: 0
Size: 86.8 KB
Description:
約100gの錘を追加したらよさそうですが、 ここでバッテリーが無くなりました。
調整している時から使っていたので残量が少なかったようです。
Name: 02IMG_2318.jpg
Views: 0
Size: 66.4 KB
Description:
モーター室に浸水がありました。
モーターをほとんど回していないので、チェックバルブが怪しい。製品として購入した物ではない
のでしょうがないか。バネのテンションを緩くし過ぎたからかも。とりあえず撤去。
スイッチのジャンパープラグも交換。
Name: 03IMG_2320.jpg
Views: 0
Size: 126.3 KB
Description:
バルサでピンを保護してぐるぐる巻きに。
Name: 04IMG_2324.jpg
Views: 0
Size: 124.0 KB
Description:
板鉛を作ってバラスト追加。キールの隙間にもタングステンの粉末を充填して、計約85g
Name: 05IMG_2322.jpg
Views: 0
Size: 167.2 KB
Description:

再び水槽でテスト。
8gの錘を2個、デッキに載せると浮沈制御ができました。
Name: 06IMG_2334.jpg
Views: 0
Size: 65.8 KB
Description:
サスペンド状態で回収してあるので、シリンジの水の容量により追加錘の重さを決めて、キールの
外側に取り付ける形のバラストを作る予定。
艤装や塗装、バッテリーの変更などで、若干は追加バラストの調整が必要になるので。
あと、浸水があるかどうかまだ見てないので、それも心配なところ。
ポンプバラストで童友社 1/150 U-boat 潜水艦プラモ (2 min 4 sec)