wattechighland's blog View Details
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:55 PM | 997 Views
Name: img_0_m.jpg
Views: 9
Size: 92.9 KB
Description:
喫水が低くなって良い感じに戻りました。
Name: img_1_m.jpg
Views: 8
Size: 24.8 KB
Description:

一定深度を保つのは難しいですが、深くも潜れるようになったので急浮上ジャンプもかなりイケる
この後背面着水です、って鯨かいw
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:49 PM | 930 Views
最初に完成形
Name: img_1_m.jpg
Views: 11
Size: 36.7 KB
Description:
なぜ、改造したのかとゆーと。
しばらく放置して飾ってあったUボートですが、黒いキールが煩わしく感じてきたんですわ。
水中で見えにくいようにと思って、画像のカーボンティッシュの上から艶消し黒を塗っていたので
卓上では存在感が在り過ぎました。
Name: img_2_m.jpg
Views: 11
Size: 52.3 KB
Description:
それでいっそのこと透明キールならどうですか?をいうことで5052で作ってみました。
クリアファイルで囲んで石膏で型取り
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:41 PM | 875 Views
ここ何回かでモーター室に水が浸入するようになってて、ドレンプラグから出てくる
水の量も増えてきてたので、グリスの入れ替えをした。グリスは完全に乳化してました。
蓋をはがして、グリスの入れ替えをして、また蓋を接着する。
Name: img_0_m.jpg
Views: 7
Size: 64.2 KB
Description:
15分くらい走らせてきてから蓋をはがしてグリスをかき出すと、すでに乳化している部分があった。
数回走らせればまた浸水が始まるでしょう。
これほど持たないものとは想定外だった。
水中を継続して走らせたりするので、水圧が大きいんだろう。
Name: img_1_m.jpg
Views: 7
Size: 39.5 KB
Description:
グリスの入れ替えにボンドが必要なのは面倒なので改造した。

穴を2個開けて、シリンジで注入しながらもう一方の穴から古いグリスを排出するという目論見で す。

蓋を新たに作り、ナットを埋め込んで皿ボルトで栓をする。

内側Name: img_2_m.jpg
Views: 7
Size: 30.4 KB
Description:
外側Name: img_3_m.jpg
Views: 6
Size: 30.2 KB
Description:
接着中。Name: img_4_m.jpg
Views: 9
Size: 40.7 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:36 PM | 889 Views
処女航海に行ってきました。いつも通りきれいなM池です。

せっかく作ったキールなので、最初から両面テープで貼り付けてます。
至近距離では気になるキールですが、少し離れれば見えません、潜水するし。
Name: img_0_m.jpg
Views: 6
Size: 91.4 KB
Description:

水槽テストと同じくロールせず走り始めます。

自動浮沈は難なくこなします。ハーフスロットルからフルスロットルまでOK.
潜り始めにスクリューが空を切るのでハーフスロットル以下では潜航できず。
喫水が低いからだろうね。

潜舵をアップし続ければ浮上航行でき、ダウンし続ければ潜航継続できる。
でもラダーを打つと浮上してしまいがち。
なるべく深く潜ってから、フルスロットルで潜舵アップすると艦橋までジャンプ?できる。

ということで、当初の目論見以上にすんなり成功してしまった。
ヘルメットカメラで撮影。ZOOMしてないので全画面推奨^^
童友社 Uボート ラジコンで処女航海 (6 min 29 sec)

Name: img_1_m.jpg
Views: 6
Size: 59.5 KB
Description:
Name: img_2_m.jpg
Views: 7
Size: 56.3 KB
Description:
Name: img_3_m.jpg
Views: 7
Size: 90.0 KB
Description:

最後に、キールを外して走らせてみた。
スロットル開け始めにグラッとロールするし、走行中ななめになって、明らかにトルク負け。
斜めになってるからか、自動浮沈はできなかった。
潜舵ダウンでなら潜航するが、真っ直ぐ走らなかった。

キール付けて処女航海したのは奇跡のバランスだったのか。

そうそう、メカ室、モーター室共浸水はありませんでした。
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:33 PM | 908 Views
こないだのbikesさんのコメントへの返答で思いついて、キールを作ってしまった。
Name: img_0_m.jpg
Views: 11
Size: 54.5 KB
Description:
バギング中
Name: img_1_m.jpg
Views: 8
Size: 51.0 KB
Description:
取り出し、画像からは何かわからん。
バルサを対象翼型に削りだし、下に鉛の翼型の錘を貼り付けてから、カーボンティッシュでバギン グ。
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:26 PM | 883 Views
昔作った板鉛があった、ラッキー。半分に折ってアールを付けると、
Name: img_0_m.jpg
Views: 8
Size: 36.5 KB
Description:
ちょうどイイ
Name: img_1_m.jpg
Views: 12
Size: 60.2 KB
Description:
浮かべてみた。今度は左が重過ぎになった。
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:13 PM | 654 Views
ラダーリンケージとアンテナ線用パイプ。ハンドランチキットに付属してきた外径2mm、
パイプ内にはシリンジでグリスを注入し、0.5mmのステンレス線でリンケージした。
Name: img_0_m.jpg
Views: 10
Size: 48.7 KB
Description:
出口はシュリンクチューブで収縮するも、隙間があるのでPEラインで縛り、スーパーXで
さらに狭くしてみたが。

艦首の潜舵は片方の固定がしっかりしていなかったのでFRP板で作りなおした。
1mm厚を貼り合わせ
Name: img_1_m.jpg
Views: 11
Size: 31.4 KB
Description:
プラモデルに付属のバラスト。
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:03 PM | 588 Views
水密隔壁の隙間を埋める。5052にマイクロバルーンを混ぜたもの
マスキングテープでダムを作り、アクリル板で押さえる。
Name: img_0_m.jpg
Views: 10
Size: 43.5 KB
Description:

ねじ穴にはラップを押し込んでおいた。剥離用にPPシート(クリアファイル)
Name: img_1_m.jpg
Views: 11
Size: 30.6 KB
Description:
平らになりました。
この面はモーター側の隔壁と接着し、メカ側のハッチのパッキンと接する面であり、
水圧が掛かる部分なので凹んでいてもらっては困ります。
約1mm埋まりました。
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 11:00 PM | 564 Views
何も買わずに作ろうと思ってたが、スクリューシャフトとモーター軸をつなぐジョイントが
必要だった。ゴムチューブが標準だが、280モーターの2mmから3mmに太くなったので。
Name: img_0_m.jpg
Views: 10
Size: 81.3 KB
Description:
もうひとつ押しバネを購入。
スクリューシャフトの水密用のグリスボックスの外側にはゴムパッキンが入るが
モーター側には隙間のある穴だけ。
シリコンゴムのグロメットを流用しパッキンにした。バネのテンションは弱めにしてる。

組立て図にはこのボックス内を空洞のままにしてあるが、絶対に水が浸入する。

Name: img_1_m.jpg
Views: 8
Size: 44.6 KB
Description:
この穴からグリスを注入し、蓋をする予定。
もし必要ならグリスの入れ替えができるように、蓋は弾性エポキシで接着する。
Name: img_2_m.jpg
Views: 9
Size: 55.2 KB
Description:

水密隔壁に隙間がある。エポキシでパテを作り、真っ直ぐにする予定。

子供の頃水没したのは、この隙間とスクリューシャフトの2か所からの水の進入に違いない。
Name: img_3_m.jpg
Views: 11
Size: 43.5 KB
Description:
モーターの延長コードを作り、機関区画とメカ区画の間の隙間も埋めてそれぞれ水密区画とする。
Name: img_4_m.jpg
Views: 10
Size: 44.5 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:56 PM | 570 Views
全く作業は進んでません。

自動浮沈装置は生かしたまま、艦首にある潜航舵をサーボで動かすことで
浮上したまま航行したり、潜航~浮上のピッチを遅らせたりできるんじゃないかと画策中。

なので3ch以上の受信機が必要。
今回は在庫部品のみでまとめるつもりなので、受信機はランドヨットから取り外してきた。
40Mhz飛行機用受信機に地上用クリスタルの組み合わせ。
飛行機用アンプが小型なので、ブラシレスで組み上げる。
Name: img_0_m.jpg
Views: 9
Size: 64.9 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:31 PM | 559 Views
朝イチで土手へテストフライトへ。
子供ところと一緒に行きました。
1枚目は子供カメラ。
Name: img_2.jpg
Views: 9
Size: 128.7 KB
Description:
Name: img_0.jpg
Views: 9
Size: 177.3 KB
Description:

バッテリー交換後のミニサルatrataは快調です。
エレベータサーボとバッテリーを交換したOKKUも絶好調です。
OKKUはこれでラダーとエレベータもハイテックの5045に替わりました。
1セルリポでもシャキシャキ動きます。

昼前は空き地へ。
Mitaさんがトライコプターを飛ばしてました。
ブラスター3はすでにやっちまった状態でした(XoX)
見た目ほとんど大丈夫なので明日には直ってるでしょう。
Name: img_1.jpg
Views: 7
Size: 157.2 KB
Description:

atrata miniを飛ばそうとすると、またラダーサーボの動作不安定が出ました。
時間が経つと直るので、ちょっとしてから飛ばすと、ハグロトンボどころかクロアゲハのような
ひらひらした飛びです。
土手と違って空き地は乱流が多いようです。
バッテリーを受信機の上に変更しCGを前へ移動すると落ち着いた飛びになりました。

夕方、再度土手でCG変更後の飛びを確認。
トンボのような軽快な飛びは無くなったものの、飛ばしやすいのでこのままで行くか。

夕日の土手ソアをヘルメットカムで撮影。
Sailplane,handmade (4 min 34 sec)

Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:28 PM | 522 Views
メカ積みとリンケージを行い完成しました。
Name: img_0.jpg
Views: 0
Size: 70.0 KB
Description:

ノーズコーン内の状態。
受信機は2mmカーボン角パイプに載ってます。
アンテナ線はカーボンに接触しないようにテープで空中線に。
Name: img_1.jpg
Views: 0
Size: 64.6 KB
Description:

バッテリーはサーボの上に差し込みます。
CG調整で受信機の上にも前にも移動可能。
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:25 PM | 399 Views
ポッドをアラミド2プライで製作、ノーズコーン式、約7g。
主翼マウント製作、バルサ丸棒にプラスチックナットを仕込みテールパイプ内へ。
0-0設定になるようにテールパイプ上にバルサで成形。
エルロンサーボは翼内へ、エレベータ、ラダーサーボはテールパイプに設置予定。ブラスター3の ように。
Name: img_0.jpg
Views: 0
Size: 96.4 KB
Description:
Name: img_1.jpg
Views: 0
Size: 113.2 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:23 PM | 389 Views
主翼をバギングする。尾翼と同じくカーボンティッシュを使用。
あまりきれいには出来なかったが、それはいつも通り。

エルロン切り出し、左右芋付け接合まで。
Name: img_0.jpg
Views: 0
Size: 103.9 KB
Description:
問題点
前縁のカーボンクロスが樹脂作業中に剥がれた。77での貼り付けはX、次回はエポキシをコア側 に薄く
伸ばして貼ろう。
カーボンティッシュに樹脂はローラーXでカード○

今回の良い点
テンプレート作成時、後縁延長は上面ラインで。
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:20 PM | 361 Views
主翼のコアをスタイロフォームから切り出し。
翼型は全巾ag47を目標にテンプレ作成。スパンは約1m
バギング前の補強まで完成。
Name: img_0.jpg
Views: 0
Size: 95.8 KB
Description:
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:16 PM | 375 Views
エルロン翼のミニサルを製作します。
スパンは1mで、4サーボ搭載、重量はなるべく軽く(笑)

カーボンティッシュ10g/m2なる物を手に入れたので、尾翼をバギングしてみる。
水平垂直の合計で6g弱でした。
もっと軽い尾翼が欲しいところですが、作りなおすのもアレなので使います。
ここで超軽量目標はボツに(苦笑)
Name: img_0.jpg
Views: 0
Size: 72.4 KB
Description:
遠目にはテカッてますが、
Name: img_1.jpg
Views: 0
Size: 68.4 KB
Description:
近寄るとスカスカ。排水口のゴミみたいやな(笑)
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 10:02 PM | 398 Views
翼の収納ボックス製作のため、ホームセンターへプラ段を買いに行くと、必要量をカバーするには800円程度 です。
ちょうど良い大きさのボックスがないかと物色すると、アルミケースが1200円程度で有りまし た。

手間と頑丈さを考えてアルミケースを選びました。機体が終了しても使い回しが効くし、と楽をし ました。
Flying Wing 4 portable 2nd test (3 min 26 sec)

Name: img_0.jpg
Views: 3
Size: 179.0 KB
Description:
Name: img_1.jpg
Views: 2
Size: 158.3 KB
Description:
...Continue Reading
Posted by wattechighland | Apr 15, 2019 @ 09:55 PM | 444 Views
昔はオフロードバイクで源流域まで林道を走り、渓流釣りをしてたこともあります。

最近はRCグライダーをやってるので、バイクとグライダーのコラボが出来ないかと考えてます。
分割して小さく収納し、リュックで携帯できるグライダーなんて売ってないので、自作しましょう 。

でもどうすれば?
ここ何年か曖昧に考えてはいましたが、DTを復活させたことで具体的にプランを考えてみました 。

翼はスパン1.5mはあってほしい。1m以下だとリュックから出しても面白みがない。
胴体が長いと携帯しにくいし、分割機構を作るのもめんどい。
ということで、まずは無尾翼機でやってみることに。

コアは4分割で切り出し、接着
Name: img_0.jpg
Views: 0
Size: 98.5 KB
Description:
スパー兼カンザシ受けのカーボンパイプを埋める溝を掘るジグ
Name: img_1.jpg
Views: 0
Size: 81.2 KB
Description:
Name: img_2.jpg
Views: 0
Size: 76.2 KB
Description:

翼は5分割にするので4箇所にバルサのリブ型を接着。
カーボンパイプを5052+マイクロバルーンで埋め込む
Name: img_3.jpg
Views: 0
Size: 100.8 KB
Description:

バギング。いつもの真空パック機です
Name: img_4.jpg
Views: 0
Size: 81.7 KB
Description:
Name: img_5.jpg
Views: 1
Size: 82.9 KB
Description:
リンケージ
Name: img_6.jpg
Views: 0
Size: 106.2 KB
Description:
垂直安定板は脱着式に作り直す予定。
完成イメージはこんな感じです
Name: img_7.jpg
Views: 0
Size: 103.5 KB
Description: